ルクセンブルク旅行で食したいごはん


2
画像参照:Antonio Zugaldia

ルクセンブルクは、実は、ミシュラン格付けのレストランの数が国民一人当たりの割合でみると世界で最も多い都市でもあります。そのため、ルクセンブルクを旅行で訪れた際には美味しいごはんを必然的に味わうことができます。

特にルクセンブルクの伝統料理を食すことは旅行の醍醐味といえます。

ルクセンブルクの国民食として最もポピュラーな料理は、ジャガイモやソラマメ、スモークハムなどを煮込んだ
「ジェッド・マット・ガーデンボウネン」があります。
この料理はボリュームのある一品ながら大変美味しいため、ぜひともルクセンブルクで味わいたいごはんです。

また、このような料理と共に食したい一品として、焼きたてのパンがあげられます。
土地柄、ベルギーやドイツ、フランスにも影響を受けた地ならではのふっくらとした美味しいパンは
ルクセンブルクでしか味わうことのできない一品といえます。

それに加え、ルクセンブルク特産のハムやチーズ、白ワインのリースリングをごはんと共に楽しめます。

これらの特産の品は癖がなく、ごはんや焼きたてのパンとともに食すことで一層料理の美味しさが引き立つので
おすすめの一品となります。

その他、レバーのパテである「リエヴァパーティ」やジャガイモのワッフルである「グロンプラキージェルシャー」、
プルーンのタルトである「クエッチフルエド」、ポテトサラダの「グロンプラツァロット」なども
ルクセンブルクを代表するごはんとなりますので、旅行でぜひとも食したい料理といえます。