街中が観光地なルクセンブルク旅行の魅力


1
画像参照:Harshil Shah

ルクセンブルク大公国は、ドイツとフランスそしてベルギーに囲まれているヨーロッパの国の一つです。
首都はルクセンブルク市。そこは美しい山々と、現地の方々が建築した美しい西洋風の建築物が魅力の都市です。
この街は、四方を他国に囲まれている為、侵略を受けやすい位置関係にありました。
しかし、国を囲むようにして高い山々が連なっており、自然の要塞都市として栄えています。
そんな美しい街並みが、現在では世界遺産として登録されている程です。

そういった事もあり、このルクセンブルク市全体が観光地として有名で、
世界各国からこの美しい要塞都市を見物しようと旅行客がやってきています。

見どころの一つに、要塞都市としての機能を満たしながら美しい風景と歴史を感じる環状城壁があります。
城壁の外側には川が流れており、堀の役割を果たしている所も見ものです。
そんな美しい風景とは裏腹に砲台が設置されている所等は、他国の戦略から国を守る当時の壮絶さが伝わってきます。

街並み自体が世界遺産に登録されているという事もあり、市内の建築物は古く歴史を感じる物が多くなっています。
周囲を他の国々で囲まれている事から、多種類の文化が入ってきており、建築物もルネサンス様式やバロック様式、
ゴシック様式といった具合に様々な種類の建築が融合している物も見受けられる所が特徴的です。

ルクセンブルク旅行の際には、そんな文化の融合と、自然の中でたくましく生きた人々が作り上げた
美しい街並みが残る観光地を巡ってみるのも良いです。